>

出産以外でも婦人科の診察を受ける重要性

どのような検査が婦人科で可能なのか

初めて婦人科を利用する方は、出産以外にどのような検査や診察が可能なのか把握しておくと便利です。
婦人科ではホルモンバランスや性病などの検査が可能な診療科になります。
妊娠の判定以外にまだ出産をしていない方で希望する方は将来的に妊娠が可能かどうか、自分の体調をエコーや血液などから確認する検査を行っているのが特徴です。

女性の中には婦人科の診察をあまり受けない方がいますが、このようにどのような検査があるかなどを知っていると利用がしやすくなります。
かかりつけの婦人科があると検査などの際に便利です。
総合病院以外にクリニックなどの選択肢があるので気軽に利用できます。
年齢や必要な内容に合わせて診察を受けるようにしましょう。

婦人科の診察を受ける基準

これから婦人科の診察を受けた方が良い場合は、いつもと違う生理の状態がある場合に必用です。
血液などの検査が重要ですが、これらの情報が医師の診断に役立つからです。
例えば生理の周期が乱れていたり不正出血などがあります。
これらの情報を初診の際に問診として記入する事があるので、気になる事があれば記録をしておきましょう。

性交渉の際に違和感を感じる場合は婦人科の診察が必要です。
なるべく正確な情報を診察の際に診察を担当する医師に伝えるようにしましょう。
これらの情報から医師が検査とあわせて疾病や必要な治療を検討する場合があるからです。
このような違和感を感じたら早めに診察を受けましょう。
特に生理などの周期を記録しておくと医師が診断の参考になります。


この記事をシェアする